ブログ 妊娠しやすい体づくり

妊娠体質になるための【避けるべき食べ物2】

2016/12/02

白砂糖をやめたい!でも体に悪いとわかっていてもやめられない!

かなり健康に気をつけていて、食べるものに気を配っている人ならば、1番良くないとわかっているはずのもの。それが白砂糖です。今何らかの症状や体質に悩みを抱えているのであれば、過去を振り返ってみましょう。今までどんな食生活でしたか?食べたいものを食べたいだけ食べていませんでしたか?その小さな積み重ねが今の症状を引き起こしている可能性が高いのです。

白砂糖

白砂糖は病気を引き起こす最初の1コマ

ものすごく簡単に、何が悪いのか言うと、「消化」できないのです。体に一つもいいことはないのに、もともとあった大切な栄養素すら奪っていくのです。悪玉菌やウィルスのエサになるので、最終的には病気を引き起こすのです。ドミノの1コマのように倒すことで、取り返しのつかない病気になりかねないのです。

  • 食べていてもすぐに変化が起きないので、病気の進行に気がつかない。
  • 使っているうちに甘味になれ、甘味が感じられなくなり、量が増えていく。
  • 白砂糖の入っているお菓子を食べ続けていると、次が欲しくなりやめられなくなる。

なぜやめられないのかわかってきましたか?

頭では健康に良くないと思っていても、体に症状が現れるわけではないからやめられないのです。悪循環ですね。とはいえ今の世の中、白砂糖を全く食べないのは相当難しいのも事実です。

まずは今、口にしたそのお菓子が、小さな積み重ねで、数年後の未来の自分の健康がかわると理解することがスタート。次に少しづつ白砂糖でないものに移行する努力をしてみましょう。

わが家には上白糖や三温糖、グラニュー糖やザラメはおいていません。黒砂糖やてん菜糖、きび砂糖に変えています。外食ではなかなか避けられないので、自宅に置く分は全て変えましたよ。まずはできることからスタートしてみましょう!

 

 

 

 

-ブログ, 妊娠しやすい体づくり
-, , ,