つらい生理前のイライラ!PMSの症状を軽くする方法

イライラする PMS

生理前のイライラでお困りですか?私も以前は周りにいる人みんなに当たりすぎて、それはそれは大変でした。

 

でも大丈夫ですよ、安心してくださいね。

 

あなたも、PMSの症状から解放されて、生理に振り回されない生活を送れるように変われます。

・PMSのイライラを自分で解消する方法

・家族や周りの人に理解してもらうには?

・婦人科でのPMSの治療はどんなもの?

 

PMSにまつわる知っていて役立つ情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

これってPMS?生理前のイライラを自分で解消する方法

イライラする

月経前症候群と言われるPMS。実際はその症状が自分でコントロールできそうな感情の問題も含んでいるため、周りには理解してもらうことが難しい場面も多くありますよね。

 

生理はよく月1回の体内のデトックスと言われます。ではPMSは?

 

PMSによっておきるイライラは、月1回の感情のデトックスです。

 

大人になるとなかなか感情を表に出すことも少なくなってきます。それができるのがPMSのイライラの症状です。

 

とはいってもイライラするのに変わりありません。イライラを抑える方法はありませんか?と聞かれることが多いのですが、むしろ我慢することはやめましょう。

 

イライラする気持ちは吐き出してしまってください。

 

私のオススメは枕に叫ぶこと。そして新聞やチラシなどを丸めて枕などを叩くことです。

 

この時ひどい言葉でもなんでも構いませんから、思いっきり叫びましょう。感情を言葉に出して外に吐き出すで、かなりスッキリします。私はいらなくなったお皿を割ったりしてました。これ結構スッキリします。

 

食べ物を食べたらウンチやオシッコが出るのと同じです。感情もいろいろな外からの影響を自分の内側に取り込んだら、出さないと便秘になってしまうのです。

 

無理やり感情の便秘を解消しようとするから、人に当たってしまうということがおきるのですね。

 

そして普段の生活にストレス解消することを、意識的に取り入れてください。

 

大声を出すことでストレス発散になるカラオケ

ほっとリラックスできるように普段よりもゆっくり眺めに入浴

好きなスポーツをめいっぱい楽しむ

思い切り笑えるDVDを見る

思い切り泣ける映画を見る

好きな音楽にずっと浸る

お気に入りのカフェで読書にふける

 

普段のストレスを細かく解消しておくことが、PMSの症状改善にはとても大きく役立ちます。

 

とはいえお酒を飲んだり、お菓子を食べたり、際限なく好きなものを食べたりするのは、ストレス発散のように見えて、体にとってはよりストレスがかかります。なるべく減らしていきましょう。

 

長い目で取り組みたい体質改善

足つぼ

食生活の改善

不規則な食生活、味付けの濃い外食が続けば、やはり体には負担がかかります。不足しているものを補うという考え方よりも、偏った食事をやめる手放すが必要です。お酒や甘いお菓子を取りすぎるのも体には負担です。減らすようにしていきましょう。

私がオススメするのは朝食を抜くこと。

実は現代人は食べ過ぎている人がほとんど。朝は排泄の時間とも言われていますので、無理に食べる必要はありません。

どうしても何か食べたいのであれば、果物がオススメです。酵素たっぷりで消化に負担もかかりません。

 

適度な運動

無理に明日からジムに通いましょうとは言いません。一日5分でいいので自宅でできるストレッチやヨガなど取り入れてみてください。

週に1時間を1回よりも、毎日5分を継続する方が心身には効果的です。

寝る前に5分ストレッチすると決めて始めてみませんか?

 

足つぼで血行促進・ホルモンバランス調整

足つぼ屋なので、足つぼがやっぱりオススメなのです。体全身の血行を促進するには、足を刺激するのが一番です。全身に血液がめぐるのが一番早いですから。ホルモンバランスの調整も合わせて効果として上がります。

お風呂上がりに保湿クリームを塗るついでに、足つぼしたりマッサージするのが手っ取り早いです。

オススメのツボは以下の動画を参考にしてくださいね。※音が出ます

サプリメント摂取

なかなか食事の改善が難しい、つきあいが多くて外食ばかりになってしまうというのであれば、不足している栄養素をサプリメントで補うこともオススメします。ただサプリメント飲みに頼ってしまうと効果は薄れてしまうので気をつけてくださいね。

 

家族や周りの人への理解の求め方

話し合う

イライラしている時ではなく、自分が今は大丈夫だと思える時に家族に相談しておきましょう。イライラしているときに相談しても、伝わらないですからね。私も実際それで何度も失敗しました。凹むし情けなくて涙したことも多々…

 

伝え方は、私も努力していくので、イライラして当たってしまうことがあるときは、PMSの症状なんだなと思っていてもらいたい。という希望を伝えること。

 

イライラして当たることが当たり前となれば、周りの人もなぜ「改善しようとしないの?」と衝突してしまいがちです。

 

「自分でもこういった努力を続けていく。でも全て改善するには時間が必要。だから見守っていてほしい。協力してほしい」

 

このスタンスが大切だと私は感じています。

 

自分一人の症状だからと抱え込まずに、家族にも協力を仰いでみてくださいね。

 

婦人科ではどんな治療方法になるの?

カルテ

なかなか症状が辛すぎて、どうしてもいち早く病院でみてもらいたい。でも実際どんな治療法になるのだろう?そんな疑問をまとめてみました。

 

・投薬治療

低用量ピルを服用して生理の状態を整えます。pmsの症状は精神的なストレスが関わっていることが多いので、場合によっては精神安定剤や抗うつ薬など精神薬が処方されることも。薬での治療は飲むだけですから、手軽ですし即効性もあります。しかし副作用の心配も捨て切れません。

 

・漢方の処方

今は漢方の処方を取り入れている病院も増えてきています。受診する前に取り扱いをしているか調べて、漢方の処方を希望する旨を伝えるといいですよ。

 

・栄養療法

機能性低血糖症が隠れているという場合も。貧血症状からくるものも。そういった症状に不足しているサプリメントを処方してくれる場合もあります。

 

・カウンセリング療法

精神的な症状が多い場合、つらい状態をカウンセリングによって、解放する方向へ導いていく治療法です。通院する病院の診療範囲がどこまで手広いかにもよりますが、取り入れている医院も増えてきています。

 

・様子を見る 

症状がつらいというのが医師にしっかり伝わらない場合は、少し様子をみましょうということで特に治療方針がないままで終わってしまうことも。

 

まとめ

やる気

いかがでしたか?イライラをしずめたり、体質改善や、周りの人間関係を良好に保つ方法、病院での治療についてまとめました。

 

どうしてもうまく改善できない時は病院を頼ることもありですが、自分でできることをやってみてからでも遅くはありません。ちょっとしたことで改善されるんだったら、チャレンジしてみる価値はありますよ。

 

しかもやってみて全く効果がないなんてことはありません。体質改善の方法は体に悪影響なことはなく、むしろ良い方向に進んでいくもの。

 

からだがラクになったり、睡眠が取りやすくなったり、冷えが軽くなったり。

 

私自身もこちらに書いた方法で乗り越えることができました。

 

自分には無理かも…と思うより前に、まずは一つでもいいので試してみてください。ちょっとした変化が必ず見えてきますよ。

 

自分の場合はどこから始めればいいのだろうか?私のこの症状の場合はどうしたら?という個人的なご質問も承っております。

登録無料のライン@で誰からも知られず1:1でご相談が可能です。

友だち追加

pmsを解消された方のご感想もお届けしています。ニュースレターでは体質改善の情報もお伝えしています。

 

コメント